外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > 親子英語で参考にした本・おすすめの本
HOME > はじめての方へ 親子英語ノウハウ本 > 親子英語で参考にした本・おすすめの本

親子英語で参考にした本・おすすめの本

目次


+(プラス)えいごで はなまる子育て


    +(プラス)えいごで はなまる子育て

    まったく英語がダメなママでも英語が得意なこどもに
    育てられた・・という本です。
    こまかいハウツーはありません。DWEを使ってさらに。
    いろいろ試されたという英語育児の王道を紹介されています。

    英語育児をはじめたい、でもママが英語が苦手・・・そんな方には
    おすすめです。
    読みやすく最後までさらーっと読める1冊。英語育児
    入門書としてぴったりだと思います。
    すでにいろいろと英語育児の情報を持っているママや英語が得意な
    ママには物足りなさが残ると思います。


3歳までに英語の種をまきなさい

    3歳までに英語の種をまきなさい
    バイリンガル育児バイブル+インターナショナルスクール案内

    こちらは逆に英語がしゃべれるママが実践した英語育児です。
    ママは超高学歴作家さんですね。パパは画家。
    ただし、結局家族でインドに留学してしまったので
    幼児期の英語教育について参考になると思います。
    後半はインターナショナルスクール情報一色です。
    インターに興味のあるママ必見です。
    わたしはインターナショナルスクールにはあまり興味がないのですが、
    こちらの本の前半は熱読してしまいました。




親子で始める 英語100万語!

    親子で始める 英語100万語!

    多読を英語の初心者でもできるように改良したのが、
    SSS(Start with Simple Stories)方式の多読です。
    そのSSS方式の多読について紹介している本です。
    3歳から高校生までの子どもたちが、家族で一緒に多読を
    楽しみながら英語を身につけるための具体的な方法、
    そのための読書素材(絵本・児童書)を具体的に紹介されています。
    私はこの本を精読というよりは、
    乱読矢印だよSSS方式多読おススメ本の検索用に使っています。

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

    イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

    ORTに興味があるんだけれども、その中身を見てみたい方、
    またそのORTの実際の活用方法を知りたい方におすすめです。
    CD付。

    本書ではORTをどこから購入すればよいか診断できるように
    なっています。これは特にすでに英語の基礎がある大人の方で
    ORTに興味がある方におすすめの診断方法です。
    本のなかにORTの絵本が収録されているのですが、
    この中でstage6の絵本をすらすら読めるか、stage7の絵本を
    すらすら読めるかでORTのどこからはじめればよいかを
    教えてくれます。

    すでにORTを1stage分以上購入された方はあまり必要ないと
    思います。


英語多読完全ブックガイド [改訂第2版]

    英語多読完全ブックガイド [改訂第2版]

    英語多読をはじめたい人は必携の本です。
    本屋さんの洋書コーナーに行って何を選んだらよいのかわからない・・・という方にオススメの本です。

    わたしも絵本を探すとき。日常的に参照している本はこの本(ただし私は第1版のほう)になります。

受けてみたフィンランドの教育

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか


    言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか

    脳科学とくに認知の専門書でちょっと敷居が高い本。特に中間あたりは難解。しかし言語習得のための臨界期(感受性期)、早期教育、幼児は言語の天才といわれる所以を知りたい方にはもってこいの本です。12章『言語獲得の謎―言葉はどのようにして身につくか』13章『感受性期とは何か―子どもは言語の天才』は、DWEの営業マンが言ってることに対する科学的根拠の裏づけになるような内容で面白いです。

    この本を読むならば、12章、13章から読み始めて、必要とあらばそれ以前の章を参照するという読み方がおすすめです。

    これにあわせて読むのにオススメな本は赤ちゃんと脳科学早期教育と脳です。

    脳科学の視点から行き過ぎた早期教育に警鐘を鳴らす本です。また幼児へのテレビの影響が気になる方にもおすすめです。この2冊で脳科学からの幼児教育へのアプローチはうまくバランスがとれると思います。







http://d.hatena.ne.jp/riaria/20061123



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 08年05月06日| edit | Comment(0) | TrackBack(0)
. HOME > はじめての方へ 親子英語ノウハウ本 > 親子英語で参考にした本・おすすめの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。