外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > ORT(Oxford Reading Tree)をスタート
HOME > Oxford Reading Tree ことはじめ > ORT(Oxford Reading Tree)をスタート

ORT(Oxford Reading Tree)をスタート

目次


  • ORT(Oxford Reading Tree)をはじめました
  • ORT(Oxford Reading Tree)をはじめた理由〜コストのお話
  • ORT(Oxford Reading Tree)をはじめた理由〜費用対効果のお話
  • 参考文献の紹介


ORTをはじめました

    ORTって何??

    わたしもお恥ずかしいことに『親子で始める 英語100万語! 』という

    本を読むまではまったく知りませんでした。

    親子英語ブログをたちあげてから、他の方のブログを拝見すると

    このORT・・どうやら評判が高いようですね。


    ORT=Oxford Reading Tree

    の略で、イギリスの小学生の国語の教科書のことです。

    ORTをもっと詳しく知りたい方は

    Oxford University Pressのサイト内のページ

     矢印だよOxford Reading Tree - Take a Tour

    をご覧になると概要が理解できると思います。


ORTをはじめた理由〜コストのお話


    昨年秋頃からずっと幼児英語教材の無料サンプルDVDを取り寄せては

    英語教材を吟味したり、DVDやCDで楽しく親子英語をしておりました。

    が、幼児英語教材って大抵最初にどかん!!と費用がかかりますよね。

    わが家はそこまで家計に余裕がなかったこと・・まずこれが

    ORTを選んだ理由の一つになります。

    でもこのお金のことって大事でしょ。


    ORTも全部そろえるとそれなりの金額になります。

    今はコストのお話なんですが、このORTのよいところは

    少しずつ買い足せる

    これにつきると思います。

    (もちろん、セットでどぉーんと買うこともできますよ)


    アマゾンなら絵本1冊から買えるし、

    CDと絵本のパックなら6冊パックで大体4,000円弱。


    ただし、無料サンプルなんてものはありません。

    ママがネイティブでない限り絵本だけを買っても、意味がないので

    CDとのセットをとりあえず1セット買うことから始めるか、

    もしくは、

     『イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ 』(CD付き)

    を、購入してORTがどんなものなのかを確かめる方法があります。

    また、WEBサイトではORT WEBサイト内の

    下記のページでサンプルページを閲覧することができます。

    矢印だよCore Stories, Patterned Stories, First Phonics - Browse by Level


    わが家は購入は楽天にある『ECCの英語のお店 』で

    一番最初のセットを購入することからはじめました。

    コツコツためた楽天スーパーポイントなどを駆使して

    結局2セット約7,000円強を数百円程度でお安く購入しました。

    (6000円以上の購入で送料無料です)

    わたしが最初に購入したのはこのセット↓


    上記画像をクリックすると詳細が確認できます。


ORTをはじめた理由〜費用対効果のお話

    費用対効果・・・

    このことば、OL時代、総合職時代に会社で遺伝子レベルまでに

    すりこまれたこのことば。

    ありがたいことに実生活で買い物などをするときに役立っております。

    費用対効果・・つまりそのコストをかけてどれだけの結果がでるか

    なということなんです。


    これは実際の生活でもとっても大事なことです。


    高い幼児英語教材を購入することに私はそもそも反対ではありません。

    買ってもいいのだけれども、あとはどこまで使いこなせるか

    継続していけるか・・ということなんだと思います。


    DWEやセサミなんてほんとよくできた英語教材だと思います。

    ただ最初にどーんと費用を払わなくてはいけない。

    でも、不確定要素が多いんです。


    不確定要素のまず一番目がこども。

    こどもが気に入らなければそこで投資した費用も効果が少ない

    (そのうち気に入るかもしれませんが・・)

    こどもが飽きてしまえば、そこで投資した費用も効果が少ない


    そして、次の不確定要素はその教材を買ったママやパパです。

    買って与えてそれでおわり・・となると結局その高額英語教材は

    オークション行き・・・という確率がぐっと高くなると

    思うのです。現に、オークションでは新品同様のDWEの

    メインプログラムフルセットなどが出品されていますよね。

    何十万円に対して出た効果は???


    ある家庭では80万で買った教材をオークションで転売、

    一方、ある家庭ではうまく教材を使いこなして、こどもが

    自然と英語を身につけている・・。


    たとえ、その一方の家庭で高額英語教材以外にもさらに

    お金をかけて英語育児に取り組んでいたとしても、

    結果オーライならばわたしはそれでよいのだと思います。

    (もちろん、家計に影響が出ない程度に・・)


    余談ですが、わたしが知っている方や、ブログやHPで

    DWEに取り組まれている方、そして、

    わたしが読んだ書籍のひとつ『+(プラス)えいごで はなまる子育て

    でも、DWEに取り組まれているのですが、大抵が

    DWEだけでは終わっていませんよね。


    +α英会話教室などに通ったり、ORTを追加で購入されたり、

    英語絵本を購入されたり、サマーセミナーに参加・・・等々


    私が知っている方でやはり英語育児に力をいれてらっしゃる

    ママの中にはDWEだけでも、いきなりメインプログラムは

    難しかったから、こちらのプログラムを買って、さらに最近

    こんなプログラムが出たからその購入を検討してる方もいらっしゃいます。


    話をきいていたらDWEって商売上手だなぁ(笑)、お金の感覚が

    狂ってくるなぁ(笑)って思っちゃいました。ただ、そこまで

    真剣にとりくまれているだけあって、そのお子様は自転車の

    うしろで、英語を発しながらそれはそれで楽しそうな光景です。


    そんなDWEの話を聞いたり、読んだりしているだけでも

    『いったいどれだけお金がかかるのだろう・・・』


    ・・と卑しくも頭の中で計算してしまう自分がいます。


    チーン 総合計200万円也!!


    という方もいらっしゃいますよね。中には。。


    この金額は1年間海外留学できる金額です。

    おそらくこういったご家庭になると将来さらに

    海外留学のお話も出てきたりするんです。

    (外大生はそんな人がちょこちょこいらっしゃったし、

    『いいとこのお嬢さん・お坊ちゃん』が多かったです。実際(笑))


    ただ、子供時代からずっと継続して英語に慣れ親しんだ外大生の中には

    海外経験なくともTOEIC900点台という方も大勢いらっしゃいました。


    『継続して』がポイントです。


    いくら子供時代にがんばっても、どこかでやめてしまえば

    そのまま語学というものは忘れ去られて

    いきます。(ただし、子供時代に獲得した外国語の耳はかなり有効)


    また、海外留学経験が1年程あっても外国語を獲得できるか・・・

    というとそうでもないです。

    使わなければあっさり忘れます。そしてその類の外大生も実際

    いらっしゃいました。(外大って文系の割りに授業料高いのに・・)

    書籍『3歳までに英語の種をまきなさい 』(山田真美著)に

    ちょうどよい記述がありました。これは山田真美さんの愛娘が小学校に

    入り、急激に日本語を忘れ始めたときの山田真美さん自身の感想です。

    (以下引用)
      バイリンガル教育は、二つの言語が攻めぎあう一種の陣取りゲームのようなもの


      1年かけて英語を身につけた子は、英語のない環境に引き戻されると1年で英語を忘れ、半年かけて英語を身につけた子は半年で忘れる


    3歳までに英語の種をまきなさい 』より



    少々脱線ぎみでした・・・が、

    結局

     『継続』していくこと

    が、一番大きな効果を生み出すと思うのです。

    まるで親子マラソンのようです。途中でスタミナ切れになってしまうと

    ゴールはできないということなんだと思ってます。

    最初にどかんと費用をかけてしまって、お金がつづかなくて

    しりきれとんぼ・・・になってしまうと結局費用対効果の『効果』が

    薄れてくるんです。


    個人的な問題ですが、残念ながらわが家にはDWEを買って、

    さらにその効果を維持発展させていくためのさらなる費用を捻出する

    経済力がありません(TT)


    おそらくDWEを買ったらそこで英語育児にかけられる費用が

    THE END(笑)

    さらにこどもが途中で見向きしなるようもんなら・・・・。

    発狂しそうです(TT)『あら仕方ないわね。。』なんて

    割り切れそうにもありません(^^;


    セサミぐらいならなんとか・・・うーん。でもキビシー(><)

    小心者という説もありますが、、、。


    で、徐々に効果を図りながら買い足せるものはないか

    ・・と探したていたところヒットしたのがこのORTだった

    ・・というわけです。
    >>ranking

わが家がお世話になっているお店

インフォメーション


    長くなりましたので記事を分割しました。

    次回の目次↓
    • ORTをはじめた理由〜わたしの経験から
    • ORTをはじめた理由〜こどもの状況から
    • ORTの取り組みについて
    • 参考文献の紹介




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 08年04月13日| edit | Comment(0) | TrackBack(0)
. HOME > Oxford Reading Tree ことはじめ > ORT(Oxford Reading Tree)をスタート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。