外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > 管理人プロフィールと親子英語へのいきさつ
HOME > はじめての方へ プロフィール・きっかけ > 管理人プロフィールと親子英語へのいきさつ

管理人プロフィールと親子英語へのいきさつ

profile.jpg 目次
    プロフィール
    親子英語のいきさつ
    母のもくろむ親子英語への野望



プロフィール


    なまえ:   sa-chi21(さーち)
    070612_1453019.jpg
    ※2007/6月ごろの写真。
    名前の由来は調べつくす性格だから"search" と本名に含まれる一文字『幸』 をかけてます。

所在地域:  大阪府

生まれた年: 1975年

家族構成:  パパ(1973年生まれ)、ママ(本人)、KEN(2004年生まれ・男)、

       yu-ka(2006年生まれ・女)

最終学歴:  京都外国語大学フランス語学科卒
       (とはいってもオチコボレ。ヒィヒィいいながら
        なんとか卒業できました(笑))

すきなこと: 読書・おでかけ・お散歩・数字を見ること

性格:   一見しっかりもの?でもほんまは抜けている。
      おっちょこちょい。

好きなことば: 継続は力なり。足るを知る


親子英語のいきさつ



    外大に入って、英語とフランス語をいっぱい勉強して、

    それでも、中途半端だったことばはは、時間とともに風化していってます。

    もうほんっと、わたし、おちこぼれ外大生でした(TT)。


    外大で一番苦労したのが、ヒアリング。
    とにかく耳ができていないので、これが一番苦労しました。
    当時カセットテープでくりかえし聞いて、さらに自分の発音した 声を録音して発音をチェックする。そんな訓練をずっとやってた外大時代でした。


    そして苦労したわりに、やっぱり使わなければだんだんと 衰えているのが悲しい現実。

    危機感を覚えて英会話スクールに通いはじめてブラッシュアップしはじめた、その直後第1子妊娠発覚。


     仕事矢印だよ矢印だよ英会話スクール矢印だよ矢印だよ仕事


    という生活を妊娠中ずっと送り続け、とうとう出産。

    そこで、自宅でもこれ以上英語力を衰えさせないために ベビーもまきこんだ親子英語ライフを始めることとなりました。


母のもくろむ親子英語への野望


    とにかくハハは英語力が衰えてしまったことに愕然としています。

    フランス語なんてもってのほか。専攻だったのに、、、。ぐすん。

    とにかく、英語をつかわねば、そのうちフランス語も。

    使わないと忘れるのだから、これはこどもも巻き込んで英語で環境を整えようということになりました。

    しかし、もくろみは、計画段階でおおきくはずれることに・・・

    上の子が

    『あれ、もうすぐ3歳。日本語すらしゃべらないやん』


    あーんなにもたくさん絵本(これは日本の絵本)を読んだのになんでー??

    パパもママもいわない始末。

    すべて『あー、あー』の世界です。


    幼児英語のCDかけてもいまいち反応ないため面白みもない。

    でも、日本の童謡をかけるととってもうれしそう。。
    そんなこんなで英語だけはほとんど、ママの英語CDをついでに書け流した、そんな3年間でした。(←実際こどもにはあんまり効果なかった(笑))

    ようやく、上の子は3歳半ばで日本語が文章になり、わたしも一安心。

    ここで、ようやくこどもに照準をあわせた幼児英語を模索しはじめました。


    ふと、気づけば下の子も当時既に1歳。こちらは0歳台から

    ばいばいー、ママー、パパーなんていってるし・・・。

    なんなんだこの違いは。女の子だから??2人目だから??それにしても1歳4か月で二語文って早すぎでしょう。うちは言葉の発達が兄妹で極端に違いすぎです。

    ハハ、やはり驚きの毎日。


    というわけで、、言葉の遅かった子も早かった子も一緒に幼児英語を進めてしまおう。

    そこで、ハハのもくろむバイリンガル育児を勝手に目標設定。

    • 第1目標

       「こどもの英語耳をつくる」

    • 第2目標


       「兄妹で英会話(ついでにハハも)できるようになる」
       「洋書絵本をみんなで読めるようになる」


    さぁ、そうは言うものの先立つものも少ない(TT)

    というわけで高額英語教材の無料サンプル請求からはじめることに

    なりました。それは2007年の秋のこと。


    これが親子英語のはじまりでした。

    現在ものんびりペースで楽しみながら親子英語やってます^^


関連記事





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。




【はじめての方へ プロフィール・きっかけの最新記事】


posted by sa-chi21 at 08年03月08日| edit | Comment(9) | TrackBack(0)
. HOME > はじめての方へ プロフィール・きっかけ > 管理人プロフィールと親子英語へのいきさつ
この記事へのコメント
初めまして、18才と7才の息子を持つ43才の母です。英語の絵本を探してここにたどりつきました。
話せば長いですが、上の息子にはいろいろしました!DWE持ってます!右脳教育しました!う〜ん、でも先日のセンター試験での英語はいまいち・・・なぜ?
下の子は2才から英語を始めて2,3才の時は英語の幼稚園に行っていました。今も教室に週6時間英語に行っています。
上の子で思ったのは英語に触れる時間がやはり短かったこと。本に触れるのは一番大事だと思います。
今の英語の教室は本をたくさん読ませてくれます。少し楽しくなってきたようなので家でもと思って本屋さんに行ったらたくさんありすぎてわからなくなってしまいました。で、ネットで検索・・。
明日にでもORT買ってみます。
また寄らせて下さい。よろしくお願いします。
Posted by ともこ at 2009年01月20日 22:59
ともこさんへ

はじめまして。コメントありがとうございました。やはり英語に長く続けて触れていくことが力になっていくのですね。
わたしの母もそういえば、兄には本当にいろいろされていました^^わたしにはほとんど(笑)おにいちゃんがやらなかった旺文社の英語のセット教材などおこぼれでやってたり・・・そんな感じでした。
ORTは大人がみていても楽しいです。これは母の立場だからかもしれません。
息子さま、大きくなってらっしゃってますし、ORTにあまり興味がないなーって思われたらロングマンから出ているペンギンリーダーズなどはいかがかな??と思います。わたしもチラッとしか見てないのですが有名なハリウッド映画が制限された語数で書かれていたりしてました。参考になれば幸いです。
おすすめ本カテゴリーにも多読に関する書籍をいくらかご紹介しています。お役に立てれば幸いです。
Posted by sa-chi21 at 2009年01月21日 07:24
こんばんは。
早速、近くの本屋さんへ。ORTの各レベルのサンプルが出ていたので息子と一緒に行きました。
どれにしようか見ていたら、息子は近くにあるDr,Seussの怪しげな猫に心を奪われたらしく握り締めている・・・。
「CDも付いているし、とっかかりは大切かも。」と考え買ってみました。
CDを聞き始めた息子の第一声は、
「速っ!」 (兵庫県在住のため関西弁イントネーションです)
う〜ん、やっぱり英語の先生はゆっくり話しているんだなぁ。
でも朗読のうまさと効果音のおかげで気に入っているようです。
参考にさせていただきながらいろいろ見ていきたいです。



Posted by ともこ at 2009年01月23日 00:43
ともこさんへ

わたしお里は兵庫県ですよ^^
Dr,Seussは他のブログでもよくおすすめされている絵本でわたしも気になっている絵本です。
英語多読完全ブックガイドという本も出版されているので、息子さんにそういう本をわたしてあげて本人に選んでもらうとよいかもしれませんね^^

すばらしい洋書との出会いがありますように
Posted by sa-chi21 at 2009年01月23日 10:40
はじめまして。
Easterの本を探していてこちらのページにたどり着きました。

同い年、同じ大阪在住、外大卒(短期大学部ですが。。。)親近感がわき、思わずコメントしています。

私は小さな英語教室をしていますがCTPを採用しています。 ORTもよさそうですよね〜。
こちらでORTの魅力に触れてみたいと思います。
また、お邪魔させてくださいね!!
Posted by なお at 2010年03月02日 23:06
なおさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます^^

わたしは逆にCTPをよくしらないのです。ひとつだけCTP購入しましたが、Character Buildersでしたのでタイミング・難易度をすっかり間違えてしまい、CTPのよさを実感できずにいます。
音源はORTは退屈ですが、お話とこどもをひきつける魅力はピカイチではないかと、親子でハマってしまっています。

ブログはゆるゆるとつづいていくとおもいます。
これからもよろしくおねがいします。
Posted by sa-chi21 at 2010年03月05日 08:12
こんにちわ〜
たまたまORTの事を調べていたらこちらにたどりつきました。色々と絶え間なくがんばっておられて脱帽です。私も関西出身、現在東京在住で5歳と3歳の2児の母です。大学+3年弱アメリカに住んでおりました。

自分のあやしい英語ではかえって悪影響かと思い上の子が3歳の頃、英語教室に通わせようと思ったのですが、見学に行ってみてどうも納得できず今に至ります。(私の場合、週1回通わせる位が現実的なので、意味があるのかなと思ったんです。)
お子さんは教室には通っていらっしゃいますか?
私もORTが大好きで(まず絵が好みでした)3歳頃からやっていますが、どのくらいのペースで進めたらいいのか..

絵本の読み聞かせや、日常会話は理解しているようですが、英語でへんじするには至らず。
そういえばフォニックスとかやってない〜...と読み書きも含め最近はじめたところです。(starfallは面白いようでよく遊んでいますが、)どう進めたらいいのか...やっぱりワークブックなんでしょうか。

何かよいアドバイスあればお願いします!

Posted by monyuma at 2010年12月09日 11:58
monyumaさんへ

はじめまして^^

>英語教室に通わせようと思ったのですが、見学に行ってみてどうも納得できず今に至ります。

納得できない御気持ちよくわかります。
monyumaさんの英語力があれば、語りかけのハードルは問題なさそうなので、親子で英語で遊ぶという素材があれば、楽しく体験しながらやっていけそうですよね。
ORTはあまり早くやりすぎると年齢的にすぐに頭打ちになっていまうので、小学校前後あたりで最後まで1巡する位のペース配分ではいかがでしょうか?わが家はそのくらいのペースでちょうどよいと感じてます。(只今Stage7)ただ、Stage6以降会話として文法的に正しく発話させるというのは、わたしの力量では限界を感じます(このあたりは、親の英語力かなと)。英会話が不得意なわたしは小学校あがってからStage後半の文法事項はワークブックで体系的にきちんとやろうと思ってます。

ワークブックは4歳以降、一日に取り組む量はほんと少なめでいいと思います。1枚とか多くても2枚程度。とか。でも、体系的で量があって(毎日1枚(頁)1年間分)、こつこつすすめられるタイプが本当はおすすめなんですが、お子様の性格にも合う合わないがあるようです。
(わが家はOxford Jnior Workbooksで結構読めるようになりました。ある意味ひと目読み(サイトワード)系。で、その後七田のフォニックスドリル→ライミングドリルとフォニックス系ドリルをやってます。どちらも白黒の地味なワークなのでどの子もOKとはいかないようです。)




Starfallの塗り絵は文字認識の頃にお世話になりましたよ^^


お母さまが海外体験があるようですので、こういった方のブログも参考になるかもしれませんね。

http://naotanlove.blogspot.com/

Posted by sa-chi21 at 2010年12月11日 07:52
早速、ご意見ありがとうございます!

昨日、保育園のイベントがあり、お母さん方の間で英会話教室の話がでていました。
みなさんそれぞれ悩んでおられるようでした。

よく言う、英語耳は何歳までにはじめないと手遅れ(6歳とか8歳とか諸説あるようですが)..的な事です。

通わせればよいというものでも無いのでしょうが、なんとなく安心というのもわかるな〜と思いました。

自分は面倒くさがりな上に、教材を買って満足してしまう始末。
自分の英語力にも自身があるとはいえませんが、
少しでもサーチさんのように根気よく、楽しんで続けて行けるようがんばりたいと思います。

junior workbookもとてもいいなと思います。

やっぱり日々、少しずつでも英語に触れさせて行く事が大事なんでしょうね。あとは、こうゆうドリルを私が根気よく続けさせることができるか...にかかってますね〜

なおパパさんのブログもみせていただきました。
ありがとうございます。
うちの子は日々の語りかけもむなしく(?!)「英語でなんていっていいかわかんない...」とたまに単語が出てくる程度です(笑)

やっぱり0歳から通う保育園での母国語パワーの賜物でしょうか。

ただ、ORTは本当に大好きなので、(特に私が..)
あきらめず、無理せず楽しみたいと思います。
(ただ、ちょっとペースあげないとあかんな..と反省してます)

小学校にあがったら、英語だけってわけにもいかないですものね。

これからも色々と参考にさせてくださいっ!
楽しみにしてます。





Posted by monyuma at 2010年12月13日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。