外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > 8/15 トラペコーロな日々
HOME > 親子英語日記 (2010年後半) > 8/15 トラペコーロな日々

8/15 トラペコーロな日々

トラペコーロな日々ってそれなんですか??ですよね。 トラペコーロについて最初に紹介した記事はこちら

さて、Twitterの履歴消えないうちにメモっておきます。

仕事をはじめてから2か月、、すっかり仕事と簿記1級の勉強(←実はこれに一番 時間をとられている。。)、そして子供の英語の準備とやってると、なかなか ブログまで手が回ってませんでした〜。

ここがわたしのネットの故郷のような場所なのにー(><)





TwitterのメモにあるMouse Tales (I Can Read Book 2) は今の息子にちょうどいいです。
(オーディオブックはこちら→The Mouse Tales CD Audio Collection
絵本とチャプターブックの橋渡しにちょうどよさそうな雰囲気の本です。
1冊で一つのお話、、ではなくって、7つお話が入ってます。なので、読み聞かせるには負担少ないです☆(この読み聞かせへの垣根が低いことが最近の私の評価ポイントになりつつあります(^^;)
中身の画像も下のTwitterメモにアップしてるので、気になる方要チェックですー。



あっ、トラペコーロな日々と書きながらトラペコーロに言及してなかったですね(汗
あれ以降平日はなかなか一緒にさわれませんが、仕事のない日はトラペコーロにyu-kaと一緒にじっくりさわってます。KENは私の手助けがなくとも素敵な作品を作れるようです。【かっこいいーなぁー「ねんちょうさーん」】と、yu-kaはしまじろうじゃんぷのDVDででてきた歌を口ずさみながら羨望のまなざしです。

そしてそして、KENがネフスピールで遊びだしたら、yu-kaがトラペコーロ、2人とも飽きてきたら交代!!と少し兄弟ケンカが減りました。千円で費用対効果はばっちり。これが一番助かります。



そういえば、いつもお世話になっているブログ村の親子英語カテゴリではまたエチカの鏡が話題でしたね。

幼児期の教育はどうやら、経済学者教育産業もとある研究結果に賛同しています。

その研究結果をかなりわたしは鵜呑みにしていて、仕事を開始したけど、やはりこどもは幼稚園でいこう。きっとこれが一番費用対効果が高い投資だ!!というわけで儲けにはなりにくいですが、幼稚園でいくことを決定〜。

わたし、投資とか費用対効果などの言葉にめっぽう弱いのです〜。それらの言葉を目にすると激しく反応します!!
ところでエチカの鏡などでとりあげられる幼児への教育とこの研究結果で言われている教育はどうも質がちがうよーなーと感じます。

幼児期は生活に少し、教育的要素を取り入れた無理のない仕組みをつくっておいて、その後本人が目標設定して頑張りたいと思ったときに、幼児期に培った習慣が本人を助けるというような程度でとどめておきたいなというのが私の考え方です。

これは問題発言かもしれませんが、勉強できるできないやそのレベル、そして勉強以外の趣味に至るその到達レベルは最終的にはもって生まれた「能力」(個人差ともういう)というものがかなり影響するんじゃないかと思います。

(そして、親が既に幼少期に獲得した「良い習慣」がそのまま子供に伝わるので、このあたりも重要。貧困は連鎖するといいますが、頭の良い血筋があるというのもこの習慣の連鎖ではと。)

なぜならば、それはだれでも時間をかけてそればかりしたら出来るようになると思うんです。(これを歪曲して教育産業は「だれでもできるようになります」という文句で高額な教材を売りつける手段としている)

でも、

「人によってかかる「時間」が違う」

と常々感じます。

短い時間で成し遂げられる子は余った時間で眠ることもできれば、思いっきり外で遊ぶこともできます。

でも、そうでない子は??そういう子が親から山のような「課題」をつきつけられたらどうなる??

テレビで紹介される極端な例は、いままでのパターンからすると、2つほどパターンがありました。

そもそも、その子の「能力」がずば抜けていたという例。この場合結果からさかのぼるので、子供時代にこんなことした、あんなことしたは母親の記憶に依存して番組がつくられているように見えます。そして、そのやったきたことが極端でマネをすれば全く同じ結果が獲られるとは限りません。(それは、提供される側の「許容度(能力か、、)」に依存される)

能力は平均的なんだけど、沢山のものを犠牲にしてそれをやってますという例。こちらの場合は、短期的な結果なので、長期的な結果報告は皆無。とりあえず番組を作ったときさえよければオッケー、、というノリ。。。(−−)


今回のエチカの鏡の内容は、皆さんのブログを読む限りは後者のパターンでしょうか、、。。(・・?

子供に小さいうちから「効率」「効率」と口走って時間でおいたてて目の輝きをどんどん奪うのはいやだなーと思いますし、、こう、全体的な幸せを感じる感覚も人によって違いますし、(親と子でもやっぱり違う!!)難しいところですよね。

(結果的に、小さいころからこればかりやっていて、それで僕は(私は)よかった!!というパターンもあったりする・・)

こういうテレビネタでどうしても許せないなと思うのはテレビ局の方針です。視聴率をとるために、極端な事実をとりあげがちな割に影響力が強いので結構罪深いことやってますよね。

あれ??なんでトラペコーロのことを書くだけの日記がこんなに脱線。しかも支離滅裂。すみません。。
それではここからはTwitterのメモです☆

Sun, Aug 15

  • 04:51  おはようございます(^○^) (4:52) - 7.1 時間 #OhayoPanda
  • 08:34  実家帰省のオトモ〜親子英語編 | http://bit.ly/brjQAg
  • 08:41  あ!!昨日は簿記勉お休み。今日は45分間。累加法・非累加法総合問題1問解いて終了(^^; #boki #teamASABEN
  • 14:04  #kodomo 公園にあそびにきたら貸切状態だ。確かに暑いもんなあ
  • 14:39  あの噴水にはいりたい
  • 16:38  娘とトラペコーロ
  • 16:43  公園は暑さに負けて3時半に撤退だった
  • 17:00  おっ綺麗やん
  • 20:57  Mouse Tales #oyakoeigo
  • 20:58  Mouse Tales 絵と文字量 #oyakoeigo
  • 20:59  かわいい Mouse Tales
  • 21:01  Mouse Tales 絵本 チャプターブック移行期によいかもー。 #oyakoeigo
  • 21:09  娘はまだまだドーラの絵本 #oyakoeigo
  • 21:24  おやすみなさい(^^)/~~~ (21:25) #OhayoPanda
Powered by twtr2src.



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 10年08月22日| edit | Comment(0) | TrackBack(0)
. HOME > 親子英語日記 (2010年後半) > 8/15 トラペコーロな日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。