外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > ORT Stage4 More StoriesA【2】
HOME > Oxford Reading Tree Stage4 > ORT Stage4 More StoriesA【2】

ORT Stage4 More StoriesA【2】

Oxford Reading Tree: Stage 4: More Storybooks: Pack of 6 Books, 1 of Each Title 前回の続きです。
目次
●The Wedding
●The Camcorder
●The Balloon


The Wedding


Oxford Reading Tree: Stage 4: More Storybooks: the Wedding Wilf,WilmaのおばさんにあたるJoが婚約して結婚式をあげるお話。おばあさんもやってきてみんなで結婚式の準備をします。おばさん、おじさんなどの語彙はでてこないものの、家族について、家族関連の語彙を再確認できる1冊ではないでしょうか?また結婚という文化に触れることができます。このパックの6冊のうち個人的にはこの本が最もお薦め。最後は少し大人っぽい、尾を引くおわり方です。
Wilfが想像しているPageboyがどんどんへんてこな絵になっていくのが笑えます。

"un"がついた反対語:happy⇔unhappy
複合語:"grandmother"
家族の語彙"sister,grandmother,grandparents"
他気になる熟語: get married

絵から膨らませられるテーマ:家族・結婚式・縫い物




この本は家族がテーマだと感じたので、ロングマンの絵辞典をつかいながら家族の語彙を再確認しました。
"Jo was mum's sister."とはじまるこの絵本。uncle, auntなどもいままでおしえていなかったので、これを機に、"Jo was Wilf&Wilma's aunt."と叔母さん、ほかにも叔父さんやいとこの語彙を絵本と絵辞典を使いながらこどもたちに紹介しました。

また結婚式についてあまりわかっていないこどもたち。どうしようかなと思っていたら、これは狙ったわけではなくたまたまわたしが購入していたThe Sound of Musicで結婚式のシーンがでてきました。家族のつながりについても幼児にとってはなんとなくでも感じられそうな(??)よいDVDでした。

P20〜21の見開きの絵にはずらずらっと両家勢ぞろいの絵が描かれています。ここで、"Is she wilf&wilma's aunt?"や、"How many women wearing glasses?"と絵をじっくりたのしませていただきました。

KENには"Find the longest word in this page.""Can you read it?"などというアクティビティもやってます。このMore Stories Aのパックあたりから徐々に長い単語がではじめています。わたしもシラブルや音節など再確認しておいたほうがいいかな。そこまでこまかく子供にレッスンするか、、悩むところです。

The Camcorder


Oxford Reading Tree: Stage 4: More Storybooks: the Camcorder: Pack A このお話はWilf&Wilmaのパパがビデオカメラを買ってきたところから始まるお話です。日常こどもたちが遊ぶ風景を撮影したり、運動会、結婚式を撮影したり・・・と、ビデオカメラを購入したパパがよくやる行動パターンがそのまま描かれています。 ところで、運動会、結婚式といえば・・・ここまでご紹介した"Poor Old Mum!""The Wedding"のシーンがまたプレイバックででてきます。よくよく見ると両絵本にもDadが撮影しているシーンがありますね。ですので、この絵本ででてくる、"Dad took the camcorder""He made a video of the wedding"という文章は上記2冊の絵本を読んでいる間にもそのまま使えます。

さて、撮影されたシーンにクスっとわらっておわりかというとこの絵本はここから急展開です。なんとこの後はWilmaがこのビデオカメラをつかって泥棒の犯行目撃現場を撮影するという、特番でよくやる警察24時的な展開となります(笑)

読み方:laugh,bought,caught 動詞:let,show,took,watch,see,look



この絵本では特にwatch,see,lookを注意して読み聞かせるようにしたかったのですが、よいアイデアうかばず(><)結局、Brwon Bear,Brown Bear, What Do You See? を再度とりだして読み聞かせをするにとどまりました。

結婚記念日のページではDadがMumに「たこちゅう」の口でせまっていっている様子が描かれているのですが、yu-kaにとってこれがツボだったらしく・・・(汗)そのシーンになると「たこちゅう」でわたしにセマってきます。(ついでに言うと、サウンドオブミュージックのマリア先生とフォントラップ大佐のキスシーンをみてもyu-kaはわたしにせまってくる・・・。ついでに兄にも・・・。これでいいのか子育て??)

The WeddingとPoor Old Mumをもってきて、どっちが先かなぁと並べて遊んだりもしました。

本当はこの時間の経過については、先月のパックにあったThe Stormもまじえてやりたいなとは思ったものの、もしかしたら幼稚園児には難しいか・・・とやらずじまいです。

(Tree Houseの有無で時間の経過がわかるとわたしは思う)


The Balloon


Oxford Reading Tree: Stage 4: More Storybooks: The Balloon: Pack A
このお話では、、、表紙そのまま、Mrs.Mayが気球にのるお話です。どうして彼女は気球に乗ることになったのでしょうか???それは学校の備品、それも高価なパソコン、テレビ、プリンタが次々に壊れたからです。え??だから何でそれがその理由なの??それはWilfがだしたアイデアからはじまりました。


気になる表現:went by, went wrong
      (感情)Oh no! Oh bother! Oh blow!



絵をみながらお話の内容を楽しむ絵本だなぁと思ったのでただひたすら、なんで壊れたんだろうね〜、気球のったことある??というような会話を親子でしていました。こどもはP13の絵をみるだけではWilfのアイデアは最初は想像がつきません。ところでgrand drawという言葉はじめて知りました。

最後にちょっと不満ですが、この日本語ガイドの直訳なんとかなりませんかね・・・。
Mrs May won the prize
メイ先生は商品をさせていただきました。
Stage4あたりから日本語ガイドはお教室向けな内容が多く、家庭用に使うには限界を感じています。(お母様の英語力があればまた別だとは思います)たとえば、、、5W1Hを使ってたくさんの質問を考えようというアクティビティが紹介されていたのですが、

1)In 5 minutes,make as much questions as you can 「5分でできるかぎりたくさんの質問を作りましょう。」 2)Show your questions to the rest of the class. 「質問にすべてこたえて。」 3)質問例:P2 What was Mrs May's Secret?

いやん、、その質問例もっとたくさん載せて欲しいわぁ。。。と英語レベルがまだまだ低い我が家にはちょこっと辛いです。で、本の扉ページにかかれてある質問をチェックすると・・・

"Why were so many things breaking down."
"What do you think Wilf's idea might be?"
"How did Mrs May win a ride in the balloon?"

とこれまた答える方のレベルも要求されるような質問が多い・・のでこのあたりはもうあきらめて、日本語でそのまま親子の会話のネタにさせていただきました。。。。(汗)

以上、ここまで読んでくれてありがとうございました。クリスマス準備とWKE購入にうかれて、はっと気づけばORTネタをほとんど書いていなく、まるで夏休みの宿題を最終2日で片付けるような感覚レポでした。反省。来年はもっと小出しでもいいから徐々に書くようにしなきゃいけませんね。いつも短くまとめられなくって、1記事1記事が長くなってしまい、すみません。。>>ranking
今月の教材一覧
このパックを読んでいた月に見ていたDVD、絵本、ワークブックなどを一覧にまとめたページです。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 09年12月30日| edit | Comment(3) | TrackBack(0)
. HOME > Oxford Reading Tree Stage4 > ORT Stage4 More StoriesA【2】
この記事へのコメント
こんにちは♪初雪です。
いつも楽しみに拝読しております。

年末のお忙しい時でもこんな立派な記事を書かれていて、本当に尊敬しちゃいます(*^_^*)でも、私のように楽しみにしている読者が沢山いることとは思いますが、どうか無理なさらないでくださいね。

私のORTには日本語ガイドがついていなくて、シリーズごとにTeaching Notesがついています。日本語ガイドを目にしたことがないので違いはわかりませんが、こんな感じのことが(多分)書いてあります。長くなってごめんなさい。

・お話のまとめ(Re-telling the Story)

The school needed more money.
Wilf had an idea.
There was a raffle.
Mrs May won the prize.
It was a trip in a ballon.

この5つを書いた紙を用意して、ばらばらにまぜ時系列に直させる。
ちなみに4行目は、「メイ先生に賞が当たりました。」ぐらいの感じだと思っていましたが・・・。

・私に使う
Posted by 初雪 at 2009年12月30日 14:00
ありゃりゃ・・・。
右手がぶつかったら、たまたま「書き込む」の上にカーソルがあって途中で書き込んでしまいました。ごめんなさい(>_<)

続きです。

・私に使うIと文の先頭に来る時のIは大文字で書くということをを気づかせてる。人の名前の時も同じだということを認識させる。→Mrs May

・次のような文を紙に書いて…部分を考えさせる。

The children…outside.
It…time to watch television.
The television…wrong.
Everyone…Wilf's idea.
Mrs May…the stream.
She…this photograph.

・メイ先生について質問をする。

What did Mrs May see?
What did Mrs May like best?

・気球で昇ったら、学校や家の周囲はどのような風景か考えさせる。地理につなげる。

などです。More StoriesAでいうと24ページの薄めの本ですが、結構役に立っています。

大掃除をするだろうからと、娘を外に連れて行ってくれているのに、すっかりさぼってしまいました。豆を煮てるので目を離せなかったということにしようかな(*^_^*)

いつも本当にお疲れ様です。ありがとうございます(*^_^*)
Posted by 初雪 at 2009年12月30日 14:18
初雪さんへ

お忙しいこの時期にとても丁寧なコメントありがとうございます!!
実は、年末のばたばたは我が家は28日までにおわり、29日〜実家に帰省してのんびりしています。29日はさすがに更新われながらがんばったわーと更新した事実を自画自賛状態でした。
その日はどたばたででかけたものの、こどもたちを連れて電車・モノレール・高速バス・・と乗り継いでいったので大変でしたが、まあ、出かけてしまえばなんとでもなるもんです(笑)

大掃除その後すすみましたか??今日は関東はお天気大荒れですね。

さて、最近こどもの英語の準備をする時間がとれなくって(><)日本語ガイドと絵本の扉ページに書いてあるところだけ読んで活用しよう・・・なんて思ってたら、、、なんと日本語ガイドが役に立たないこと!!初雪さんのコメントを読んでやっぱりTeaching Noteだなーと思いました!!来年は日本語ガイドは流し読みでTeaching Note派になろう・・。

穴埋め問題英検の問題か??と思いました(笑)KENできるかしら・・・。とりあえずStage4からはお勉強色も濃いくしようとおもえばいくらでもできますね。さあ、これを遊びのように取り入れるにはどうしたらいいか来年ちょこっと考えます。

いつもこの英語力のないつたないブログを読んでくださってありがとうございます。初雪さんのコメントいつもよい刺激になります〜。来年もブログ通じて初雪さんといろいろおしゃべりできるとうれしいです。初雪さんよいお年をお過ごし下さいませ。
Posted by sa-chi21 at 2009年12月31日 06:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。