外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > 4歳がスタートの英語
HOME > 親子英語日記 (2009年) > 4歳がスタートの英語

4歳がスタートの英語

http://english.blogmura.com/english_parent/「4歳の壁」で皆さんもりあがってらっしゃるのでわたしもそのビッグウェーブに乗っちゃいます。

皆さんの記事を見ながら、、、、

「レベルが高〜い(滝汗)」
「すごーい」

というのが正直な感想です。

(そんなわが家のブログをブログランキングにていつも応援してくださってありがとうございます。10位以内に入るとスゴブログばかりでいつもドキドキしてます(@_@;))



わが家が本格的に英語を始めたのはORTを買い始めたKEN3歳10か月の時。ですのでほぼ4歳です。

(その前に半年ほど教材サンプルでの助走期間あり)

4歳の壁もなにも・・・・・4歳がスタートラインあせあせ(飛び散る汗)

英語スタート時、日本語をようやく満足にしゃべりはじめたKENに「日本語じゃないからわからない」といわれたらどうしよう・・・・・と心配してたかというとそうではなく、、、なんだか当たり前のように受け入れてくれるだろうと変な思い込みのまま始めた英語でした。

その変な自信は

  • 赤ちゃん時代から絵本が好きだった。
  • 戦隊・キャラモノにそれほどハマってなかった。(意図的に見せていなかった。)

という妙な思い込みでした。
トーマス程度ならばTVシリーズをDVDに録画して見せていましたが、、、子供のトーマス全盛期って短いんですよね。なんでもトーマスっていうだけでお高いのにね。

いまから思えば何の根拠もない自信ですが、、、。
しかし、結果論わが家の英語スタートはORTの魅力も手伝ってスムーズなスタートでした。

なんでだろう??と考えてみると、わたし自信がORTの魅力にとりつかれて、こどもと同じ目線で「ワーキャー」楽しんでいたのも一つの理由かなと思います。

わたしの中で、

「指図するだけでは人は動かない」
「与えっぱなしはダメ」

という考えがあり、自然と親子で楽しめる教材を引き寄せていたのだと思います。


とはいうものの、わが家にもありました。

「これ日本語で見せて」


という時期が。

主に去年契約していたニコロデオンで放送されていたドーラでその現象がありました。

そういう時は日本語で見せていました。

母国語方式を支持されている方からすれば批判の的かもしれませんが、当時(といっても去年)そのドーラの放送で、最初は日本語で録画し、2回目は英語で録画し、、、そして子供に見せるときは

日本語の次は英語しか見れないのよ


と、こどもだましのうそをついていました。

かけ流しの時の言い訳は、、、

ドーラね、MP3プレーヤーになぜか英語しか移らないの


と、これまたひどいこども騙しのウソ。

とかいいつつ、これをすること3〜4か月。英語(ORT)歴 10か月目前後ではじめて日本語に切り替えられないDVDを見せてから



ようやく、

「日本語にして」

という言葉をこどもから聞かなくなりました。

一旦その後からは日本語で収録されているドーラが入っているDVDから遠ざけてました。というか、DVDデッキが不調で再生できないのーとウソをついていました。

結局、このウソは「まこと」となり本当にDVDデッキがこわれて見れなくなってました。全てDVD-RAMで録画していたのでショックな出来事でした。

最近またドーラをテレビ大阪で復活させて、、、パソコンの地デジで録画してみたら、二ヶ国語で一気に録画できるのですね。ちょっとびっくりしました。


幼稚園児って意外とDVD見てるヒマないんですよ。このブログでDVDの紹介が少ないのは園児から英語を始めた家庭のひとつの特徴だと思います。

真冬や梅雨時期にはDVDが活躍します^^

と、こんな段階を経て4歳は過ぎ去っていきました。
なお、反抗期で育児が一番辛かったのは4歳前半までで、幼稚園に通いだして半年もするとこちらが驚くほどKENが落ち着きました。

英語環境のない日本で英語はお金かけてナンボ・・・・というのは否定できません。

経済力のない家庭、ママが英語をしゃべれない家庭は諦めるしかないのか???、、、とスゴブログをみるとそう思われるかもしれません。

でも、諦めることなく、毎月こどもの英語の予算は○○円、、だけどコツコツ途切れず続けるぞ〜で遅咲きながらも花を咲かせるお手伝いにはなるだろう・・・そう思って地味に続けています。。

とにかく目標は途切れないこと。

そのために、

【1】子供が英語が流れている環境をあたりまえだと思うこと
【2】わたし自身の行動を習慣化すること


とにかく、親子で勝手に身体が動くレベルまでもっていけるように簡単なことから徐々にはじめて現在に至ります。

今現在やってることといえば、ORTを読んで、絵辞典やジャズ・チャンツをコラボさせて、かけ流しプログラムを組んでいること。毎月1〜2冊皆様がおすすめ・・・という絵本を読んだり、たまにうれしそうにDVDを買ったり。

ORTの音読も1日1冊ペースとものすごーくゆるゆる。

さらに余力があれば、カードを作ったり、絵辞典やORTのコピーをとって貼りだしてあげたり。(←このあたりはオプション作業)

どうしても、うちのKENがなんでもゆっくりで、ストレスに弱いタイプなのでのんびり、楽しむスタイルになってしまってます。ただ、語彙だけは着々と伸びているように感じます。

カンタンな文章ならば初読で読めるようになってきました。詰まっても基本的なフォニックスで読める単語ならば、フォニックス読みしてみ・・・・というと

1文字ずつひらって、音声化→音声を合成して単語として読む


という作業ができるようになっています。


発話はというと、ベラベラしゃべりません。ただ、単語レベルは卒業しています。自分で文章を組み立てようとしています。間違いは相変わらず多いです。
ただ言いたいことはよくわかります。

日本語が先にでてこない語彙もあります。そういう時は日本語の中に英語がまじっています。「たつのおとしご」とかそういう類の語彙です。英語で「seahorse」はでてきても「たつのおとしご」がでてこなかったようです。

文法+語彙中心の英語は学校英語の延長で意味ないよと笑われるかもしれません。

4歳からスタートの英語。ORT歴1年7ヶ月目。
毎月かけたお金は前回試算時で約8千円。
英語をかけた量はざっと1700時間程度。
親のかたりかけほとんどなし。

そう思うとこんなもんでしょうか。。

こどもをじっくり観察をして、英語を受け入れてもらえるまでに時間がかかりますが、その手間が親だけでは辛いとなると、こどもが楽しめる英語教室を探し出して先生と相談しながらこの最初のハードルを乗り越えるのも一つの案だと思います。

年齢が上がってから英語をスタートするメリットは年齢に応じて理解力が早いことじゃないかなと思います。最初のハードルさえ乗り越えれば年齢があがってからの英語も悪くないなと思っています。 >>ranking
(ランキング上位に食い込むとドキドキするとかいいつつ、親子英語ランキングへのリンクをはずさないどころか、文章にどんどん近づいてきているあたりが自分自身笑える行動だなと。。いつも書いてませんがブログに来てくださる方全てに感謝しています。ありがとうございます。)



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 09年10月01日| edit | Comment(6) | TrackBack(0)
. HOME > 親子英語日記 (2009年) > 4歳がスタートの英語
この記事へのコメント
sa-chi21さんは謙遜されてますが、凄い影響力あると思います。少なくとも、私は凄い影響を受けています。先日も、ミニボンゴを買ってしまって、ママに「他の人がやっていることを全部真似したらお金がいくらあっても足りない!」と叱られました(^^; ほんとは、ジャズチャンツも興味あるんですが、そういう理由で、記事だけ読ませてもらって、ふむふむと頷いています。

後々まで効いてくるのは、学ぶことが大切だ、というお母さんの姿勢が子どもに伝わることだと思うので、いろいろな教材を使って、3人で楽しく学んでいるsa-chi21さんの家庭も、ある意味で理想的ではないでyそうか。
Posted by なおぱぱ at 2009年10月01日 10:11
なおぱぱさんへ

褒めてくださってありがとうございます^^

毎日親子英語のカテゴリのブログを拝読していると、わが家は至極のんびりしている家庭だなーと日々感じていたのです。

こどもの英語ってこども自身はボーっとしていても大丈夫ですが、まわりがとにかく大変だと思うのです。マメさが要求されますよね。

せっかくわたしも時間をかけて準備しているんだし、この準備の内容ややってみたことをブログに書き留めておいて、自分にも役立つし、そしてブログを見に来た方にも参考になるように・・・(←わたしが時間をかけた分、ここに来たら少しは時間を節約できればな・・)と思いながらこのブログを書いています。

英語はしゃべれませんが、ITや機器いじりだけは得意だし好きで、、このあたりに関するブログ記事は私の趣味の域です。それでもやっぱり世の中には使いこなせない方も多いと思うので少しでもお役にたてれば・・・と思っています。

ですので、なおぱぱさんから

>凄い影響力あると思います。少なくとも、私は凄い影響を受けています

といわれると、ああ、少しはお役にたててるんだなぁとうれしく思っています。

ところで、ボンゴ(笑)とうとう奥様におこられちゃいましたか。しっかりした奥様ですばらしいじゃないですか。

ジャズ・チャンツはORTが読みの文法に対して、こちらは会話を目的とした文法(の授業)がそのまま歌詞になっているような感覚をうけます。
ORTの音源が単調・過去形が多いと思われる方にはそれを補うためにはちょうどよい教材かと使いながら感じています。

ただ、なおぱぱさんの場合はWKEが会話中心の教材なのでそれをしっかりされていればジャズ・チャンツは後回しでいいと思いますよ。WKE卒業してからでも遅くはないと思います。
うちはなんてったってメイン教材はORTだけですから^^
Posted by sa-chi21 at 2009年10月02日 04:45
お邪魔しま〜す!

こちらのウェブサイト、ブログなんですか?
そのことにまず驚きました!

ホームページみたいなのに、こうやって
コメントが書き込めるなんて。

機械に強いと、こんなことまで
できてしまうんですね。

とっても見やいです!自分のブログも
こんな風にしてみたいなぁ・・・。



四歳の壁、というのがあるんですね。
四歳と言うと、幼稚園年中くらいですね☆

・・・思い出せないけど、うちにも
あったのかなぁ。壁やら落とし穴やら
色々あったんだろうけど、なぜか
今となっては全く記憶にありません!



行動の習慣化というのは、まさに
ポイントだと思います。
これがうまくいけば、うまいこと
いくんですよね〜。

サリーもがんばらなくっちゃ〜♪



オーディオ機材の使い方などの記事が
とても参考になりました。
また、勉強しに参ります♪
Posted by サリー at 2009年10月02日 05:36
サリーさんへ

ブログです。ブログでHP風にしてみたくって、
でもMTは敷居がたかかったのでシーサーブログでやってみたら、できてしまいました。

MTを使っている方はこんな風にできるようですよ。でもブログのよさもHPのよさもあるので、(ブログだとヤフー検索でブログフィルターにひっかかってしまうという欠点があります!!)どちらも運営されているサリーさんに憧れます。

4歳の壁。

サリーさんのところにもあったと思いますよ^^
HPの方で、サリーさんが「英語でしゃべって!!」とやっきになっているところ拝見したことあります(笑)

今ブログ村の親子英語カテゴリで話題だったのでうちも便乗してみました。

どうやら皆さんのおっしゃっている4歳の壁とは英語優位の発話だったのが、幼稚園などの日本語環境にどっぷりひたりはじめて日本語優位になるときにくる壁らしいのです。


>・・・思い出せないけど、うちにも
あったのかなぁ。壁やら落とし穴やら
色々あったんだろうけど、なぜか
今となっては全く記憶にありません!


ノド元すぎるとなんとやらなんですね〜。でも子育て同様一つの山を乗り越えたらまた山がやってくる・・・・そんな感じなんだろうなとサリーさんとこのブログをよんでいるとそう感じます。(「お気楽〜」というタイトルですが、一番頑張ってらっしゃるように思えます。「お気楽〜」はサリーさんの要望??)

サリーさんのブログやHPいつも参考にさせてもらってます。こちらこそ勉強させてください♪

Posted by sa-chi21 at 2009年10月03日 09:17
あははは〜。
英語話せ〜って怒っている時ありましたか〜。


うちは、英語優位なんてことすら
一度もなかったんじゃないのかなぁ・・・。
小さい頃は、あったのかなぁ。
(これも覚えてない・・・)



サリーも便乗して、九歳の壁の記事を
書きました〜♪
こちらへリンクを無断ではらせていただいています。
事後報告でスイマセン。
もし問題があれば、おっしゃってください。



今までにも何度となく「全然お気楽じゃないやん」と
ご指摘いただいているのですが、サリーも
どうしてこんなタイトルにしちゃったのか
後悔しております☆

肩に力が入った英語子育て
というタイトルに変えないといけませんね〜!
Posted by サリー at 2009年10月04日 06:31
サリーさんへ

リンクありがとうございます。
英語話せ〜って一生懸命なとこ、、ここのページよっってコピペしてやろう・・ムフフ(^^)
なんて思ってたらすでにたどり着けず。。。。┌|゚□゚;|┐

>今までにも何度となく「全然お気楽じゃないやん」とご指摘いただいているのですが

そうだったのですね^^
タイトルはでもヤフー登録サイトのHPと同じだから変更しにくいですよねー。
「(いつかは)お気楽英語子育て・・・」

わたしもブログタイトルで「ゆとりの子育て」
などといって、誰よりもゆとりのない環境で
子育てやっているのに、願望が強すぎて
「ゆとり」という言葉をタイトルに
してしまったブログがあります。

こう、わたしもタイトルセンスないんですよね。


Posted by sa-chi21 at 2009年10月05日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。