外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > Each Peach Pear Plum

Each Peach Pear Plum

BarneyのマザーグースDVDで「マザーグースのおばちゃん」にマザーグースでライミングの楽しさを教えてもらったKENやYu-kaの興味を引く絵本を、、と取り寄せた絵本です。

この絵本を一言で言うと
『マザーグースでライミングに親しむKIDSにお勧めの絵本』

です。
読んでみると目的どおりの絵本だったのでまずは、満足でした。





絵本の内容


説明
「Each Peach Pear Plum. I spy Tom Thumb!」この小さな子ども向けの楽しいインタラクティブブックには、Mother Hubbard(ハバードおばさん)やBaby Bunting(眠れ 赤ちゃん)などおなじみの童謡のキャラクターが、優しいイラストに何気なく登場する。そうしたおとぎ話の主人公を知らない幼い子どもたちも、食器棚や階段や森の奥に潜む彼らの姿を見つけて楽しめる。

と、アマゾンに説明されているとおり、優しいタッチの絵柄の中に『ふと』組み込まれたマザーグースでおなじみのキャラクターたちを探す楽しみがまずこの絵本の魅力です。

それから英語特有のライミング(韻を踏む)の言葉あそびがこの絵本の毎ページにあり、読み聞かせる側も聞く側もここちがよいです。

本文引用

Three Bears out hunting
I spy Baby Bunting

Baby Bunting fast asleep
I spy Bo-Peep


感想・子どもたちの反応など


I spyの絵本が大好きなKENやYu-kaはこの絵本をよむと競ってI spy ゲームをしてくれます。
1か月たった今では大好きな絵本のうちの1冊になっています。

しかし絵本到着当初はマザーグースをCDでよく聴いていたり、DVDで鑑賞していた2人でも『Bo-Peep』って何??とピンときていないキャラクターもおりました。

というわけで、最初だけは"I spy〜"のところをよまずに、次のページへ行き、最初の1行を読んだあとに1ページもどってそこではじめて、"I spy〜"の部分をよんであげました。

その後、わが家にあるマザーグースの絵本を読んでいたら、、

『Bo-Peep!!Bo-Peep!!』

と言っていたので、気付いているのでしょう。

私自身の個人的な感想ですが、実は私も最初『Bo-Peepって誰??』と思ってパラパラとマザーグースの絵本をめくって探しました(笑)
マザーグースのキャラは微妙でしたが、シンデレラやロビンフッドは良く知っていてすぐにわかりました。逆にこどもたちはシンデレラやロビンフッドをこどもたちは知らないだろうなぁと。

ただ、知らなくても楽しめているようです。

これから彼らはロビンフッドやシンデレラを知って、きっとこの絵本をまた思い出してくれることでしょう。

心にのこる1冊になると思います。

※余談ですが、マザーグースの歌詞の意味が良くわからないときがあります。いちいち調べるのが面倒くさい(というか、おそらく辞書で調べても、訳せない(笑))ので『マザー・グース (1) (講談社文庫) 』を一読しています。谷川俊太郎さんの訳なら美しい日本語としてまちがいないだろうと。
これでわたしのマザーグース読み聞かせ時の??なストレスが少々減っています。

>>ranking

Each Peach Pear Plum (Pocket Puffin)
マザーグース関連の記事一覧



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。




【英語絵本 フォニックス・ライミングの最新記事】


posted by sa-chi21 at 09年05月16日| edit | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
Posted by at 2010年02月28日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。