外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > "It's〜" KENとYU-KAの親子英語記録
HOME > 親子英語日記 (2009年) > "It's〜" KENとYU-KAの親子英語記録

"It's〜" KENとYU-KAの親子英語記録

最近のKENの様子かきとめとかないとわすれるなーということで気軽にブログに書きとめておきます。

"It's〜."
最近家の中のものを指差しては"It's〜."
とうれしそうに行って回るようになってます。

おお、すばらしい成長だ。。と、よろこんで聞いていたら

英語でわからないものは
"It's  ふぁっくすー ."

とモロにほんごの単語をいれてました(笑)

そのたびに、わたしはKENにそれは●●だよーってその英単語をいうのですが、、、、

結構わたしのわからないものもー。

そのたび絵辞典(ロングマンの絵辞典 買いました!!)で調べるのですが、それでも載っていないものはネットでしらべたり。

それ以外にも複数形やら冠詞のまちがいをその都度訂正したり・・・。
結構おつきあいするのが面倒です。
が、すこしずつこれで複数形に関する文法をおぼえつつあります。冠詞はまだまだワケわかめーで、大体が抜けてます。

すぐにでももっと語彙の多い絵辞典がほしいくらいです。
が、、、実はただいまわが家は旦那の転職もあってお財布を締めている最中なんだなー^^;
はい、もうちょっと我慢我慢(←ママがっ)

YU-KAちゃんはYU-KAちゃんで、絵本を指差しながら

" red apple, yellow banana, オレンジのorange!!"

って、日本語まじってるわ、冠詞ぬかすわ〜。

はいー、2人ともむちゃくちゃでーす。

そのたび、なおしてあげるんですけどね〜。
たまに私も自信ないのよー。
というわけで、そのあたりは絵辞典やら、ORT絵本、その他沢山の絵本を読むことによって補って生きたいとおもいますー。


PS:ロングマンの絵辞典はHappy Readingさんのほうがアマゾンよりお買い得価格だったので、そこで注文して、年始に開封しました。

このネタはまたこんど。

>>ranking




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 09年01月05日| edit | Comment(4) | TrackBack(0)
. HOME > 親子英語日記 (2009年) > "It's〜" KENとYU-KAの親子英語記録
この記事へのコメント
ママ頑張ってますね。
私は冠詞に関しては(わ〜いきなり洒落になってる)
自信が全くないので、直せません。
aとanの違いぐらいはさすがにわかりますけど、
日本人にとって正確な冠詞はなかなか難しいです。
そういうのをさらりと教えてあげられる英語力
ほしいです。

ブログ書いてるママさん達ってみんな結構でき
る方ばかりですもんね。本当の初心者は少ない
ような気がします。
Posted by まめっちママ at 2009年01月05日 17:04
まめっちママさんへ

冠詞に関しては(ぶぶっ)英語よりフランス語でしごかれた私。ふふっ。10年もたつともう忘れちゃってるのかもしれないけれども、英語をやり直すときにかなり注意してやってます。
ORTをはじめてからBasic Grammear in USE の文法のドリルで冠詞のところ(5レッスンほどあるのですが)をみっちりやりこんでみました。

私が子どもたちに対して直すのはその範囲のことと、ORTで出てきたこと。

ORTではほとんどの絵本が冠詞が練習ワードになってるの。
で、冠詞に焦点をあてて注意深く観察していると、わたしの文法ワークのところは大体網羅されていってるみたい。恐ろしいくらいプログラムされてるわよ。ORT。

そういえば、大学在学中ですが、留学経験のある友達(かつ英語レベルは高い)が

『こどもの話聞いてたら冠詞を全部ぬかして言ってる子とか間違ってる子が多かったよー。
ネイティブも文法まちがいまくってるよ。』

という話をしてました。

ORTで何度も練習ワードに冠詞が入っているところを見てたら、この友達の話も思い出して、冠詞はこどもの間は間違いまくる文法の一つなのかなって思うようになりました。

わたしも冠詞はフィーリングで正解・不正解はわかりません。なのでこどもの発する英語で理論的に自信のないところはとりあえずスルーしちゃってます(><)

>本当の初心者は少ないような気がします。

確かにそう思います〜。ブログをやっている皆さんなんだかんだとレベル高いですね。そもそも英語力の高い方。そしてそうでなくとも、ブログをやっていると継続しやすく、ノウハウも溜まっていくのか、親も子もレベルアップしていってるんでしょうね。私はもちろん後者のタイプです。のんびりカメさんペースでレベルアップしております(多分)。


わたしは、Iknow!のディクテーションのスコアは比較的高いので、一見英語力高いと誤解されがち(&ブログのタイトルでも誤解されがち(笑)なんですが、これは昔から『書いて覚える』タイプで、いざ英語を再開するとそれが身体にしみついてたみたいです。なおかつ、タイピングレベルが高いからでなんら英語力が高いとかそんなわけでもないんですよね〜(笑)

話はそれちゃうけど、こういう記憶系って脳みそに入れるというよりかは、筋肉に記憶させるという感覚になるのかなって。習うより慣れろ的発想。

冠詞がさらっとでてくるのも、口の筋肉が覚えるほど反復してインプットアウトプットしたほうがいいんでしょうね。
冠詞ネタは
http://hyde-park.tea-nifty.com/yume/2008/12/athes-015d.html

でも話題に上っていておもしろかったです。
Posted by sa-chi21 at 2009年01月06日 08:52
フランス語の冠詞、わけわかめーです(ーー;)でもまぁ、こういう冠詞があるんですなーと思っているだけでも、サバイバルは出来るので知らないよりは良いですよね。
冠詞のaとanは、ネイティブでもほとんど気にせず話す人もいるようですね。英語の場合は、文法としての正確性が上がるほど教養ある響きになるそうな。
あまり気にせず、コミュニケーションとしての英語力を上げた方が良いという思いと、日本人の英語は教養高く響いてほしいという思いでいつも揺れます。
Posted by Aides at 2009年01月06日 17:55
Aidesさんへ

おはようございます。お返事おそくなっちゃいました。すみません。
フランス語の冠詞わけわかめーでしょ。あれこそ習うより慣れろで口の筋肉に記憶させていくしかなさそうですー(笑)
コミュニケーションとしての英語力が一番むずかしいような気がします。英語力云々以前の問題もからんできそうですもんね。

Aidesさんはお教室として指導される立場だからいろいろ考えちゃいますね。日々いろいろ試行錯誤されていらっしゃるんだろうなーというのが想像できます。

ママがこどもに教えるときはその子その子にあわせてぴったりカスタマイズできますが。(そしてママの偏見もびっしり入り込む(汗))
Posted by sa-chi21 at 2009年01月08日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。