外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > アルファベットを覚えてもらうために
HOME > 親子英語日記 (2008年) > アルファベットを覚えてもらうために

アルファベットを覚えてもらうために

画像 アルファベット表
目次
アルファベット表でアルファベットを覚えてもらう
アルファベットのフォニックスを覚えてもらう
アルファベットを書く練習


アルファベット表でアルファベットを覚えてもらう


    こどもの英語にとりくむ最初に手軽にできたのが、次のこの二つ。DWEのサンプルCDやDVDで『ABC Song』をきいてもらうこと。セサミの無料サンプルを請求してアルファベット表をもらって部屋にペタと貼り出すことでした。

    アルファベットの『エイービィスィー〜♪』をこどもに覚えてもらうのはこの二つがあれば比較的簡単で、アルファベット表は部屋のこどもの目線に張り出しておけばOKだし、DWEのサンプルDVDやCDを視聴してもらえばすぐに覚えました。

    ただ、ポスターはすぐにやぶれてくるので、2回ほどサンプル請求しておなじものをもらったりはしています。
    それでもぐちゃぐちゃになっていまではもうないです(汗)

    サンプル請求が面倒だっていう方はくもんのアルファベット表 を購入されてもよいし、ネットでアルファベット表が無数に存在しているので、それをダウンロードして印刷してつかってもよいとおもいます。

    (ただ、それだと少し小さい。)

    くもんはこども部屋にはいいけど、リビングにおくにはちょいと不恰好。
    で、結局、わが家にはアフタヌーンティで購入したちょこっとおしゃれなアルファベット表があり、それとプラスアルファパズルのようにして遊べる 『ABCパズルパック』 があります。

    ABCパズルパック 画像 中身
    画像のリンク先ページにはこれの中身の詳細画像があります。

    さらにこちら↓ではフラッシュカードの画像もみれます。



    アフタヌーンティで購入したアルファベット表は立体的な表でさわって見て楽しめるようになってます。ついでに単語もおぼえてくれてこれまた便利でした^^

    そして『ABCパズルパック』もやはり触って遊び感覚でアルファベットに慣れ親しむ玩具です。大文字と小文字のパズルがあります。

    さらにアルファベットカードや、ちょっとしたフォニックスチャート(Word Builder)がついていておもしろいです。

    こどもに文字を導入するためにちょうどよい玩具でした。




アルファベットのフォニックスを覚えてもらう


    これはStarfall.comこのページにお世話になりました。


    アルファベットのフォニックスの導入がスムーズだったのは、ひとえに上で紹介した『ABCパズルパック』とStarfallのおかげです。

    下の子(2歳)はStarfallではまだあそんだことはありませんが、お兄ちゃん(4歳)がよく遊んでいます。

    この二つを併用してお兄ちゃん(4歳)はすぐにアルファベットの大文字と小文字を『ア、ブ、ク、ドゥ』と読めるようになりました。

    気がついたら大文字も小文字も覚えていたので親子ともにさほどストレスを感じることもなかったです。

    私がやったことは、Starafallをやっているときにその音声を録音して、復習としてMP3プレーヤーで流したことです。(いまもたまにやります)

    とくにお世話になったのはおじさんとお姉さんの歌

      s400starfallabc.jpg

    大人が見てるとわらっちゃうんですけどね^^

    この歌を替えてアフタヌーンティで買ったアルファベット表でよく歌ってあそんでいました。

    結局歌でアルファベットのフォニックスはばっちりおぼえてくれました。



アルファベットを書く練習


    書く練習をしようと思って一度トライしましたが、かなり時間がかかりました。親がつきっきりでないとすすめられない状態です。

    下の子がお昼寝しないので、ただいまアルファベットは先送りしてます。

    (※Starfallにもアルファベットを練習できるワークシートがあります。)

    4歳の男の子にドリル形式でひらがなをやっていますが、こちらもあまりに時間がかかるので、今は運筆力アップということでほとんどくもんの迷路ドリルがほぼメインとなっている状態です。(これなら私が始終わたしがついていなくてもOKで下の子のお世話をしながらできるのです)

    ひらがなは下の子の昼寝をねらってやってましたが、最近昼寝が皆無もしくはどうしようもない17時頃とか・・(笑)なのでうまくまわってませんね。このあたりは。
    もう少しあと5歳ごろからでもいいかな・・・なんて思ってます。今やると書く練習ばかりに時間ばっかりかかって『読む』時間がなくなるということに気がついてきました。


    当面、英語も日本語もわが家は『読む』練習中心になりそうです。
    >>ranking

    >>「ディズニーの英語システム」無料サンプル
    >>「セサミえいごワールド」無料サンプル
    >>ABCパズルパック


関連記事




他ブログ紹介記事


    アルファベット表
    〜KF STUDIO より
      ちょっとかわいいアルファベット表。塗り絵タイプもあるよ。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 08年12月08日| edit | Comment(2) | TrackBack(0)
. HOME > 親子英語日記 (2008年) > アルファベットを覚えてもらうために
この記事へのコメント
外大卒、だなんてsa-chiさん、頼もしいですね。
サリーは中途半端な女子大英文科卒で〜す♪

アルファベットや、読みは早く覚えてしまうに
こしたことありませんね☆

本が読めるとなんだか世界が広がるように思います。
もちろん読めるだけじゃダメなんだろうけれど。


読み方の方もがんばってください〜。
うちも100レッスン全部やったわけではないけれど
6,70レッスン目くらいまでいけば
かなり読めるようになりました♪
Posted by サリー at 2008年12月08日 10:01
サリーさんへ

コメントありがとうございます。サリーさんのサイト穴があくほど見てしまっています(笑)ほんとうに参考になります。
わたしも外大卒といってもフランス語学科なのでもっともっと中途半端です〜。サリーさんのサイトでお子さんとは英語で会話している・・というところを見ると『尊敬』のまなざしです。

100レッスンの本は一度中身をみました。で、ああこれは好き嫌いあるだろうなーって。色気もなんもないですね(笑)
工夫しながら無理なくとりこめたらいいなとおもってます。がんばりまーす。またブログか掲示板にあそびにいきますね。
今後ともよろしくおねがいします。
Posted by sa-chi21 at 2008年12月08日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。