外大卒ママの親子英語〜オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)+WKE > 読み上げるだけのフォニックスレッスン本〜Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons
HOME > 親子英語日記 (2008年) > 読み上げるだけのフォニックスレッスン本〜Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons

読み上げるだけのフォニックスレッスン本〜Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons

Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons

文字に興味があるKENのために・・・注文した本
Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons 到着


文字に興味があるKENのために・・・注文した本


    Aidesさんが紹介されいた本(紹介記事はこちら)を注文しました。

    Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons
    Fireside
    発売日:1983-03
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:4540
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度5 2歳ごろから取り組みたい!
    おすすめ度5 Highly recommended book!
    おすすめ度5 そのまま読み聞かせれば、リーディング力がつく本


    最近フォニックス系の絵本をよくかってしまうのは、KENの文字への興味が強烈だってこと。

    もちろんひらがなも覚えて言っているのですが、アルファベットもひらがなと同様に覚えて言っています。

    で、興味の度合いの強いうちにひらがなの読みと平行して英語もおしえていってしまおうかと・・・。

    というわけで、この本の内容をよみあげるだけならば、わたしにもできそう・・・ってことで注文してみました。

    (4月からIKnow!や子どもの絵本についていたCDのシャドウイングでちょこっとは英語の読みがましになってきたというわけのわからん自信がママにもついてきました)

    いまのところ英語の絵本を読むときはKENには最初は絵を指差しながら読んで、続けて同じ絵本をもう一度最初から読んで、その時は文字を指差しながら読むということを毎日くりかえしています。

    KENが自然とセンテンスを覚えてしまった絵本は指差しは最初から文字のみにしています。

    Sight Word Readers などは暗唱になっているのか??文字を拾っているのか不明ですが、1人で読みあげる本が多くなってきました。


Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons 到着


    さて、注文した翌日早速 "Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons" が到着してびっくり。

    そして開封したら、表紙がやぶけていてこれまたびっくり(@@)
    そしてあまりの本の分厚さにちょっとひく・・・。

    やぶれていたのは、幸か不幸か・・・(笑)

    こりゃ返品だな・・・・と思いながらちょっとくらい、、いいよねっと立ち読み(笑)

    感想としては・・・英語ばっかやん。

    (↑当たり前(−−;))

    いえいえ、ちゃんとした感想はというと、、ちらっと見たレッスンを声にだすと、それはまるでStarfallのよう。

    『m』ならば・・・・

    mをゆびさして、ママが

    『mmmmmmm』

    と言って、それからあなたの番よ・・・(もう英文忘れました(笑))

    こどもにも『mmmmm』と言ってもらう。



    『aaaammmm』

    とゆーっくり言う練習と

    『am』

    と早く言う練習。


    それからそのフォニックスを含む単語を音節ごとにわけて(間違った表現だったらごめんなさい)ゆっくり発音したあと、次は音節ごとのくぎりなく早く発音。

    こういったレッスンをくりかす模様。さらっとしかみてないんですが。

    で、フレーズやらなんやらぱぱっと覚えてマグネットブックを使いながらKENに試してみることに・・・。

    その後、練習したフォニックスを実践できそうなクリフォードフォニックスファンの簡単な絵本やORTの絵本をちょこっと一緒に読む。
    うーん。なんとなくルールを理解しているようなしていないような。。

    (文章を半分以上覚えているのでこのあたりが判断のつきにくいところ。)

    たしかに、これをきちんと100レッスンまでできたら、こどもは読めるようになりそう。というか、ほんまにそこに書いてある英文をそのまま読むだけでOKです。

    しかし。。。。練習単語がね。。まだKENが知らない語彙が多いのです。だからもしこの本を使うならば、KENがもう少し語彙が増えてからやるか、いまわが家にある洋書絵本にでてくる語彙のフォニックスをピックアップしてレッスンしていくか・・・という、二つの選択肢があるわけです。

    つまりわが家には時期尚早という見方が。

    そして、続けられるかどうかわたしにも少々不安が・・・。

    というわけで、表紙が破れていたこともあり今回、交換ではなく、一旦返品してしまうという(汗)


    これ一冊でフォニックスの教授法知らないママでも(もちろん私もその1人です)フォニックスが教えられてしまうすばらしい一冊。

    たしか本の説明にも『フラッシュカードもいらないし、この本と紙とペンさえあればOK』のようなことがかいてありました。

    最初の本の説明を読みこなせて個々の文字の発音ができれば自宅でフォニックスレッスンができてしまいます。この本。

    (↑でも普通のママはここが敷居高いよね。わたしも同じく普通のママです。おもわず辞書で発音記号を確認したところもあります。←いまだに『発音記号』から卒業できてませn)


    ああ〜どうしようかな〜。もう一回注文するかどうか悩みどころです。

    フォニックス系のDVD買ってもっと楽にインプットしたほうがよかろうかとも思ってみたり。(根性なし)

    円高だしamazon.comで大人買いしてもいいよねー。

    (↑クリスマスプレゼントを注文したおかげで、すでに金銭感覚がおかしくなってきています。)

    >>ranking
    Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons

関連記事




紹介記事


フォニックスの本のサリー流使い方
読むこと(本で学ぶフォニックス)
〜(上記二つ)お気楽英語子育てより
この本を使われていらっしゃるのはどちらも児童英語講師さん(汗)でもどの記事も参考になります^^




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
お友達紹介できます。 ご希望の方は左記にご連絡ください。→ yutorimail☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえて)
http://www.internet-english-academy.com/iea_ex/shoukai_promo.html ←申込み時の初回登録費(3,600円)が無料になります。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ ←特典は図書カード2000円分です。





posted by sa-chi21 at 08年12月05日| edit | Comment(0) | TrackBack(0)
. HOME > 親子英語日記 (2008年) > 読み上げるだけのフォニックスレッスン本〜Teach Your Child to Read in 100 Easy Lessons
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。